松屋の「ごろチキ系」限定メニュー「ごろチキコンボ牛めし」は牛肉と鶏肉が一度に楽しめる欲張りメニューだった

グルメ
松屋「ごろチキコンボ牛めし」2種 650円(税込み)

人気の「ごろチキ」系新メニューは2種類の味を用意

今回紹介するのは牛丼チェーン「松屋」の期間限定メニューである「ごろチキコンボ牛めし」です。

松屋の「ごろチキ」シリーズといえばごろごろ煮込みチキンカレーを筆頭に人気の高いメニューで、大きく切られた鶏もも肉の食べごたえでハマる人が続出しています。

以前話題になった「シュクメルリ鍋」もごろチキ系のメニューで、こちらもSNSを中心にかなりの話題となりました。

そんなごろチキメニューに定評のある松屋が今回送り出した期間限定メニューが「ごろチキコンボ牛めし」です。

名前の通り人気の「ごろチキ」と看板メニューである牛めしの肉が乗った、牛肉と鶏肉を一度に楽しめるという豪快なメニューです。

更にはこの「ごろチキコンボ牛めし」には2種類のバリエーションがあり、「がっつりニンニク派」向けの「にんにくバター味」と「トロ~り甘辛派」向けの「甘唐辛子のトロたま」が用意されています。

どちらのバリエーションもネーミングの時点でなかなか魅惑的でどちらを食べるか悩んでしまう事は必至でしょう。

そんな「ごろチキコンボ牛めし」を、実際に食べに行きました!

今回は「にんにくバター」をチョイス

お昼休みに松屋に到着しました。いつもの券売機メニューから「ごろチキコンボ牛めし」をチョイスするのですが、問題はどちらの味にするか・・・

松屋のにんにく系メニューといえば思いほかガッツリとにんにく味である事が多く、好きな人にはたまりませんがお昼という事でニオイも気になる所です。

対する甘唐辛子味はちょっとすぐにはイメージが湧きませんが、甘辛のタレに温泉卵が絡めば最高のコンビネーションになるのは間違いないでしょう。

迷った末に今回チョイスしたのは「にんにくバター」です。試食記事という事で、2つを食べ比べてみたい所ですが、流石に丼2食分をランチで食べるには非常にハイリスク(確実に午後の仕事が手に付きません)なので、「甘唐辛子」は次回に回す事にしました。

料金は650円。松屋といえば店内飲食の場合無料で味噌汁が付くのが有名ですが、今回はこの味噌汁を「豚汁変更」にし一食で日本で食べられている三大食肉である牛・鶏・豚を一回の食事で全部食べる事にしました。

ここに牛・豚・鶏の最大食肉がそろった(バカの食卓)

こちらが到着した「ごろチキコンボ牛めし にんにくバター」の「豚汁変更」です!

メニュー写真で見たよりもタレの量が少なく見えますが、鶏肉にうまくかかっていないだけだったようです。

やはり「がっつりにんにく」と謳われているだけに、この時点でにんにくの良い香りが立ち上ります。食事の後に人と会う約束がある場合は、注意した方が良いかもしれません。

牛肉部分はいつもの「松屋の牛めし」なので、まずはやはり「ごろチキ」から頂く事にします。

食べごたえのある大ぶりな鶏もも肉に、ニンニクとバターの風味がガッツリと効いた醤油ベースのタレがかかっており、一口食べればすぐにご飯が食べたくなる味付けです。

ニンニクとバター、そして醤油ベースという事もあり、「和風ステーキソース」といった印象です。当然ながらこのソースとお肉が合わないはずはありません。

真ん中にはネギも盛り付けてあり、緑が入る事で見た目の美味しさもアップ。シャキシャキとした歯ごたえとネギの爽やかな香味が濃い味によく合います。

このタレがご飯にしみる事で牛めし部分の味の印象も普段よりガッツリ系となっており、ご飯との相性が更にアップしています。

ステーキソース味のタレに牛肉の組み合わせという事で、ほんの一瞬だけビーフステーキのような風情が頭をかすめたりもしました。

脇を固めるのは松屋の豚汁です。松屋の味噌汁といえば賛否両論ある事でお馴染みですが、豚汁に関しては文句なしでしょう。

松屋の豚汁には豚肉は当然の事ながら、大根、人参、タマネギ、ごぼう、れんこん、里芋、豆腐と具沢山で、しっかりネギも乗っています。

丼には牛肉と鶏肉、豚汁には豚肉が入っている事から食べていてもっと違和感があるかな?と思ったのですが、特に何も感じる事なく美味しく食べる事が出来ました。

今回はにんにくバターを選択したのですが、こうなると甘唐辛子の方もかなり気になる所。期間限定メニューという事でこのごろチキコンボ牛めしが終了する前に、是非そちらも試してみたいと思います。

余談ですが、やはり食後は少々にんにくの香りが気になる所。そんな時は「りんごジュース」を飲むと消臭出来るようですので、食後のデザート感覚で飲むのが良いかもしれませんね。

コメント