本田翼さんやVTuberもハマる「ARK」の魅力とは!?

アーク サバイバル エボルブド ゲーム
©Studio Wildcard

すでにご存知の方も多いかと思うが、全世界で人気のオープンワールド恐竜サバイバルアクションゲーム。

ARK: Survival Evolved(アーク:サバイバル エボルブド)

2015年に早期アクセスタイトルとして、PC版でリリースされ、2017年には各プラットフォームで正式リリース、2018年にはAndroid、iOS、Nintendo Switch版がリリース。

ARK: Survival Evolved | スパイク・チュンソフト
世界800万人が待ち続けたオープンワールド恐竜サバイバルアクション。PS4『ARK: Survival Evolved』公式サイトです。

3年経った今でもゲーマーに愛され続けるARKとはいったい。。

筆者もずっと気になっていたタイトルではあったのだが、実際にプレイしたのは今年に入ってからである。

気になるゲームの内容をざっくり説明すると

『恐竜がいる世界で自分なりに楽しむ!』

それだけだ!

ARKの世界には、多種多様な恐竜や生物がいる。恐竜を捕まえて仲間にするもよし、マイクラの様に建築で楽しむもよし、ひたすら広大な世界を旅するのもよしといった感じで自分の好きなプレイスタイルで楽しめる、そんなゲームだ。

ただ、肉食恐竜など危険な生物もいるので、生身の体だけだとすぐに逝ってしまう。。

冒険をするには最低限の仲間(恐竜)を手に入れなければならない。

この手のゲームにありがちなのだが、チュートリアルがなく、ゲーム開始直後から、広大な世界に裸で放り出されるので、心配な方はネットなどで情報収集することをオススメする。

専用サーバーなどでは100人以上のマルチプレイも可能だが、友人と一緒にローカルマルチプレイやシングルプレイでのんびり、まったりプレイもできるので、ぼっちでも安心。

選べるマップもたくさんあり、DLCコンテンツも充実しているので、もう永遠に遊べてしまうくらい。

そして最大の特徴は、このARKというゲームは時間という概念を吹き飛ばしてしまうくらい、プレイしているとあっという間に時間がたってしまう。集中していると尚更。え?もうこんなに時間経っているの?というのは日常茶飯事。。。(なんだ、スタンド攻撃か…)

筆者も、仲間にしたい恐竜を探していたら全然見つからず、2、3時間経過はざらで、挙句の果てにはとんでもない所で死んでしまい、長時間かけて作成した装備や、相棒(仲間の恐竜)を全て失うという経験がある。

ARKユーザー全員が経験することだろう。

最後に、アップデートも頻繁にあり、各マップにはボスも存在し、ストーリーもあるので、やりこみ要素は満載。

ソロプレイヤーや、筆者みたいなおじさんプレイヤーは設定をゆるゆるにしてプレイしよう!

ARKについて語る【2020/05/18】

コメント