僕には横浜がある…こんなに嬉しいことは無い…。ガンダムの起動実験始まる!

国内
©創通・サンライズ

ガノタ諸君、時は来た!それだけだ。

否ッ!それだけではすまされない出来事が間近に迫っている。

「機動戦士ガンダム」の40周年を記念して、横浜の山下ふ頭に「動く18mの実物大ガンダム」が展示される!

2014年から計画が進められてきたプロジェクト。各界のプロフェッショナルが集結し実現した。

閣下(制作関係者様)、我々は三年…、いや六年待った甲斐がありました…(泣)

ガンダムを格納しメンテナンスワークを行うデッキ「GUNDAM-DOCK」があり、「GUNDAM-DOCK TOWER」からは動くガンダムを15~18mの高さから間近で見ることができるという。

さらに、複合施設「GUNDAM-LAB」では、限定商品を扱うショップ、カフェ、イベントが楽しめるスペースがある。

至れり尽くせりとはまさにこの事!

©創通・サンライズ

詳細は公式サイトで確認してほしい。

GUNDAM FACTORY YOKOHAMA
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA

GUNDAM FACTORY YOKOHAMA

気になる開催期間は、2020年12月19日(土)~2022年3月31日(木)

営業時間は、10:00~21:00 (20:00最終入場)

入場料金は、大人(13歳以上)1,650円(税込)。小人(7歳以上12歳以下)1,100円(税込)

GUNDAM-DOCK TOWER観覧料は、大人/小人(7歳以上)3,300円(税込)

既にチケットは購入できるので、すぐに購入しよう!

この記事を掲載時点で、今年分の「GUNDAM-DOCK TOWER」観覧チケットはもう無い…。だが筆者は入場チケットだけは購入できた。起動実験立ち会い後は、また記事でご紹介します。

しかし、人類のテクノロジー進化は凄まじい。

2009年、潮風公園に18mの「RX-78-2 ガンダム」が初登場し、2017年には、ダイバーシティ東京プラザに実物大ユニコーンガンダムが登場した。

高さ19.7mというだけでも圧巻だが、なんとユニコーンモードとデストロイモードの変化が楽しめる。

そして今年(2020年)動くガンダムが登場!

百年もしないうちに、コロニー移住も夢ではないかも知れない…。

©創通・サンライズ

コメント