GoToトラベルキャンペーンの内容がわからないので調べてみた

国内

NeToGoToがGoToトラベルキャンペーンをできる範囲で説明していくぞ。

筆者はかなりというか、超絶インドア派ではあるが「旅行」が大好きである。
厳密には、行ったことのない場所に赴き温泉付きの旅館やホテルに泊まり、ご当地の酒を飲み、露天風呂に入り、その土地の観光スポットに訪れることが大好きなのである。

あわよくば、宿泊した旅館などに昔ながらのアーケードゲーム機があればいうことなし!

あー、これ小学生の時にやったなー、と思わず心の声がでてしまうくらい。

近くにお子さんを連れたファミリーがいても気にしないくらいに。

昔は財政的に技術的に、クリアできなかったゲームなら尚更テンションが高まるッ!

今は100円玉を30回投入しても困らないくらいまでに成長した。
50円玉なら60回も!もう1日中やってられるね!

いや技術的にみれば衰退したのかもしれない。。

幼少期の筆者ならば、1日に100円玉を30回も、メダルゲームをするかのように投入することはできないし、それだけあれば大体のアクションゲームなら全クリできてしまうはず。。

いろいろと考え出すとセンチメンタルな気持ちに…。

そんな旅行好きな筆者にも嫌いなものもある。

それは、ペーパードライバーになり、車庫入れが下手くそ!特に、バック駐車!

えっ!?こんなスペースに車入れれる人いるの?しかもバックで?という魔の地帯があることを読者はご存知だろうか?

昨今では、科学技術の向上により、自動運転やAIを利用して駐車している人がほとんどであると信じたい。

キャンペーンを紹介するより筆者が脳内でGoToトラベルしてしまい申し訳ありません。

GoToトラベルキャンペーンとは?

国土交通省(観光庁)の事業のひとつで、
2020年7月22日(水)から始まるキャンペーン。

気になる内容はというと

国内旅行を対象に宿泊・日帰り旅行代金の1/2相当額を支援。

援額の内、7割は旅行代金の割引に、3割は旅行先で使える地域共通クーポンとして付与。

一人一泊あたり2万円が上限(日帰り旅行については、1万円が上限)

連泊制限や利用回数の制限なし。

ということみたいだ。
詳しくは以下のリンクより確認してほしい。

国土交通省(観光庁)GoToトラベル事業

コロナ禍の中、本当にスタートするのか不明ですが、利用される方がいましたら十分に気をつけてご利用されては如何でしょうか。

まっきー

北国出身。自称マルチメディアクリエイター。マンガ、アニメ、ゲーム、映画、酒とガジェット好き。アレルギー性鼻炎でお腹が弱い。

まっきーをフォローする
国内
シェアする
ねとごと

コメント