プロ野球の「田沢ルール」がようやく撤廃に!これでメジャーリーグで活躍する選手が増える!?

スポーツ

「田沢ルール」とは?

高校生や大学生・社会人が「日本プロ野球」に入らず、いきなりメジャーリーグに入った場合

数年後、「日本プロ野球」でプレイしようと思っても、高校生だと3年、大学生・社会人は2年「日本プロ野球」でプレイしてはいけないというルールです。

これを、田沢純一選手が実行したことにより「田沢ルール」と言われるようになりました。

野球をやっている高校生や大学生、社会人は「日本プロ野球」を目指している方がほとんどだと思いますが、近年はメジャーリーグでも活躍する選手が増えています。

いつかはメジャーリーグで活躍したいという選手は多いでしょう。

しかし、高校生や大学生・社会人が「日本プロ野球」からドラフトにかかり、プロ野球選手になると、簡単にメジャーリーグいけないルールがあります。

生涯、日本で野球をするのか、メジャーで野球をするのかを決めろ!って言われている感じですよね。

今年ついに、この「田沢ルール」が撤廃となりました。

「田沢ルール」が撤廃されると?

高校生や大学生・社会人がいきなりメジャーに挑戦しやすくなります。

そして、メジャーでの契約が終了した時に、その人を欲しいと言ってくれるチームがいれば「日本プロ野球」ですぐに活躍することが出来るようになります。

今年にその「田沢ルール」が撤廃されたことにより、田沢純一選手が来年に「日本プロ野球」で活躍する可能性があります。

田沢純一選手は、そのルールがあり実力があるにもかかわらず、今年は地方リーグで野球を続けていました。

なぜ「田沢ルール」があったの?

実力のある高校生や大学生・社会人がすぐに海外挑戦してしまうと、「日本プロ野球」の発展につながらないからと言われています。

実力ある選手でも日本で活躍したい人もいる。

メジャーで力を付けて、日本で活躍をしたい選手もいる。

という考え方が、あればこのようなルールはできなかったのかなと。

実は「田沢ルール」を利用しようとした有名選手がいる!

その選手は上原浩治選手です!

読売ジャイアンツで活躍し、FAを使いメジャーリーグで活躍した超一流選手ですね。

実は、読売ジャイアンツに指名を受けていたが、メジャーリーグでやってみたいという気持ちが強く、メジャーリーグに行けば、この「田沢ルール」の対象者となっていました。

結果的には、その時の読売ジャイアンツの長嶋茂雄監督に口説かれて、ジャイアンツに入ったと言われていますが、「田沢ルール」が無ければ、若く絶好期の上原浩治選手がメジャーリーグで大活躍していたかもしれません。

上原浩治選手も、このルールは全く必要ないと言っており、撤廃になってよかったです。

今後は、メジャーリーグで日本人の20代の若い選手が多くなってくるかもしれませんね。

メジャーリーグから指名される選手がいればの話ですが。

コメント