好きなメジャーリーガー投手!今年の日本人打者、がんばれー!

スポーツ
SANYO DIGITAL CAMERA

今年は知っての通り、開幕が遅れましたが順調に日程を消化しています。
日本人も、メジャーで活躍する選手が増えてきましたね。
ただ、今年は日本人打者の成績が・・・良くないですね。
大谷翔平選手、そして今年からメジャーに挑戦している筒香嘉智選手、秋山翔吾選手
約30試合は経過しましたが、打率が2割を超えるか超えないかという成績となっています。
日本では考えられない成績になっています。
環境などがあり、打者は1年目から活躍する事が難しいと言われていますが、さすがに想像以上の厳しい成績となっています。
これから、頑張ってほしいですね。
逆に、投手は大活躍!
田中将大選手、前田健太選手、ダルビッシュ有選手などその他の日本人投手は良い結果を残しています。
今年は誰かが、メジャーで何かのタイトルを取れそうな活躍です。
期待して応援しましょう!

今回は、個人的ではありますが、好きなメジャー投手をご紹介します。

【徹底解析!】柳賢振 奪三振ハイライト 2019で分かる、変幻自在速球
リュ・ヒョンジン
Jack Flaherty Ultimate 2019 Highlights
ジャック・フラハティ
Zack Greinke Ultimate 2019 Highlights
ザック・グレインキー

この3選手を選んだ理由がわかる人はわかると思いますが、力ではなく技術で打者を抑える投手が私は好きです。

力ではなく、コントロールや頭を使って勝負し成績を残している一流選手です。

過去の日本人選手でいえば、工藤公康選手や今中慎二選手、星野伸之選手あたりでしょうか。

懐かしいです。決して球の早い選手ではないのですが、緩急を使って活躍し続けた選手たちです。

特に星野伸之選手は、130キロ台のストレートでしたが、90キロ台のスローカーブで活躍し続けましたよね。

そのスローカーブは、当時のキャッチャーはグローブを使わずに素手でキャッチした出来事もありましたw

これからもいろんな選手の活躍を期待し、通常通り日本のプロ野球、現地で応援できる日々を待ちながら応援していきたいと思います。

コメント