一人でもクリスマス気分を!スタバのブッシュドノエル

グルメ

ブッシュドノエルはクリスマスと言えば、な定番憧れケーキだ。

しかしながらファミリー層か、クリスマスの時期にホームパーティーでもしない限り丸一本の購入はためらわれるシロモノでもある。

多忙な社会人にそのような機会はなかなか恵まれない様に思う。

ワンカットではただのロールケーキになってしまうので、基本的にあの丸太の形で売られているのはワンホールのみだ。実際あの形じゃなきゃブッシュドノエルとは言えないだろう。

しかし悲しむ事無かれ。スタバにおひとりサイズのブッシュドノエルが出現したのだ。

見た目はもうケーキ屋さんで売られているブッシュドノエルをそのまま縮めたようなルックスだ。
可愛らしいサイズと言えばそうだが、ボリュームは◎で満足感・お得感はしっかりある。
高級洋菓子店のケーキのようなたたずまいなのも素晴らしい。

見た目のチョコ感からそれなりに甘いのだろうと思い、飲み物には濃厚なエスプレッソをチョイスしようと思ったが、店員さんからは見た目に反してあまり甘くないというアドバイスを頂き、折角なのでクリスマスブレンドをチョイスしてみた。

実際あまり甘くもくどくも無く、とても食べやすいというのが味の第一印象だった。
見るからにチョコたっぷりだが、甘さはとてもスッキリしていてビターチョコのような味わいだ。

雪の様にかかった粉砂糖と真っ白なクリームとピスタチオとクランベリーのカケラが何ともクリスマスらしい雰囲気を醸し出していてテンションも上がるし、何より飾り過ぎない所も大人のクリスマス感があって程よい。

生クリームたっぷりの真ん中にはカリッとしたチョコのカケラが入ってるのも面白い。
スポンジはチョコがかなり染み込んでいるので、スポンジケーキが口の水分を持っていく感じが苦手な人にも恐らく楽しめると思う。
ケーキっぽくないねっちりとしたこの独特な食感はそう、まるで特大の生チョコを食べてる様な贅沢感だ。
金の器にもクリスマスのオーナメントのようなワクワク感がある。

2020年クリスマスブレンドは色は結構薄めで味もあっさり目。お茶っぽい安心感がありつつもどこかナッツの様な芳ばしさもある不思議な味わいだった。

酸味と苦味がほとんど無いので飲みやすく、その割にコクは強いのでチョコレートケーキに全く負けていないのが凄い。

紙コップにはスリーブが付いていたが、折角なので中身のデザインを拝見した。このクリスマスカラー仕様なのもテンションが上がる。

店員さんの間でも既に美味しいと話題になっているらしい。
勤めているとこのシーズンは甘い物の誘惑が日々多くて大変なのだそうだ。
何とも幸せな悩みとも思えてしまうな!

kaneko

神奈川の某スラム出身。最近食洗機新興宗教に入信しました。
美味しい物・面白い物・便利な物・安い物に前のめり気味です。
ワガママ魔王様の日常を描いてます。

kanekoをフォローする
グルメ
シェアする
ねとごと

コメント