それは珈琲の苦みを回避して楽しむ手段

グルメ

子供の頃コーヒーの香ばしい匂いが好き過ぎて、人が淹れたコーヒーのカップに顔を近づけて匂いだけを堪能する悪い遊びをするのが大好きだった。

コーヒー豆のお店にも頻繁に足を運んだ。無論コーヒーの匂いを堪能する為だけのものであり、コーヒー自体は苦いから断固として飲まなかった。

今では普通にコーヒーの味も嗜むが、やはり淹れたてのあのアロマに勝る物は無いと思う。

どちらかと言うと今では甘味の中和、または眠気を飛ばす為のカフェインとして、無理やり煽っているという事実が何とも物悲しいが。

コーヒーの香水がもしあったら割と本気で欲しい位だ。

コメント