冬の極寒から顔を守れ!室内キャンプ気分満載IKEAのSUFFLETT(スフレット)

漫画

毎冬季、寝る時の隙間風を心底憎み、特に顔が寒い事に関して密かにキレ散らかしている。

寝返りで布団がはげるのは体温調整の都合上もうどうしようもない事だが、身体はパジャマ、足は靴下、毛布に羽毛布団に身体全体は覆われるのにも関わらず、顔だけは完全ノーガードで寝るのって何かおかしくないか?などと毎年性懲りも無く思っている。

かと言って布団を被れば暑過ぎるし息苦しい。マスクだけでは耳と目が冷たい。

顔を覆う寝具は何種類か既に販売されているらしいが、寝相が悪い人や寝返りをよく打つ人にとっては少々不便な形状だ。顔に近付ける以上衛生面も気になるので、毎日洗って乾かすのが厳しい季節には現実的では無い。

特に肩から上が寒いので、布団みたいに簡単に肌蹴ず、ムレず、そこそこの暖かさを保ってくれるような都合の良い膜のようなものが欲しいと本気で思っていた。

合理性を考えて真っ先に思い浮かぶのはやはり蚊帳や天蓋のような物である。
が、そんな仰々しい物を部屋に常設するのは普通に嫌だ。
室内テントなどもあるが、日本の六畳一間にはあまりに大き過ぎる。

ワガママを言うと膜の様に肩から上を覆えて、寝返りも可能で嵩張らず、掃除もお手入れも楽で使わない時は畳んでおけるという理に適った物が良いのだ。

IKEAのSUFFLETT(スフレット)はそんなワガママな寒がり達の冬の巣ごもりに一躍買ってくれるかもしれない。

スフレットは子供用のベッドテントである。
恐らく本来は子供のささやかなプライバシーを守ったり秘密基地的に利用したり窓や電気の明かりをやんわり遮る用途に使用される物だ。
お値段は1,999円と安価なテントなどに比べてもかなりお安い。

部屋のインテリアによっては良い感じにもなるかもしれないが、形状は例えるなら乳母車のホロだ。
そこは安眠の為なので見た目を気にしたら負けだ。

ベッドに置いて使う物なので設置の手間が無く、組み立てたら直ぐに使用が可能である。
これの入り口を適当な布で覆う事で、外の冷気をシャットアウトし肩から上を快適な温度に保つ事が出来るのだ!

おすすめは薄めのブランケットを洗濯ばさみで留めるやり方だ。
(やり過ぎると破損の恐れやテント内部が結露でカビるので自己責任だ!)

内部が広いので多少の寝返りも問題無いし、何より寝ながらスマホが弄れるのも良し。
中に居る時はあまり分からないが、ベッドから出ると外との温度差に驚く!

また自分の呼吸のおかげで湿度が保たれて喉や顔が乾燥しないので、加湿器要らずなところも電気代節約に一躍買ってくれるかもしれない。

子供用なのでやや小さめだがシングルサイズの布団やマットレスであれば問題無く使えると思う。
夏場には流石に暑いか?とは思ったが、エアコンをガンガンに使う人には直接風を防げて良いかもしれない。

使わないシーズンは小さく畳んで押し入れにでもしまっておけば邪魔にもならない。
外に張るテントと骨組みは同じなので使用しない時は超コンパクトにまとめられるのだ。

余談だが、畳んで棒状にまとめて売られており、ラベルも無いので子供が居ないから買うのが恥ずかしいという事も無い。

テントの様なビニール素材なのでうっかり汚しても外して拭き取れるので衛生面もバッチリだ。
私の様にコケて転んで飲み物などをこぼして回る粗忽屋にもうってつけと言う訳だ。
そもそもが安いので壊れたり汚れたら買い替えと言う最終切り札が安易に使えるのも最高だ。

顔が覆われていると守られているような感じがして、何となく落ち着くのも良い…。
寒さ対策だけでなく、ちょっとした秘密基地が欲しい、エアコンの風よけが欲しい、狭い所が好きと言う猫みたいな人にもオススメの品だぞ。

kaneko

神奈川の某スラム出身。最近食洗機新興宗教に入信しました。
美味しい物・面白い物・便利な物・安い物に前のめり気味です。
ワガママ魔王様の日常を描いてます。

kanekoをフォローする
漫画
シェアする
ねとごと

コメント