映画『TENET』を観たら想像の域を遥かに超えていた…。

映画『TENET』 映画
©2020 Warner Bros Entertainment Inc.

2020年9月18日に公開された、クリストファー・ノーラン監督・脚本・製作のSF映画を観てきました。

ストーリー、キャスト、映像、BGMどれも超一級!

今回は筆者のざっくりとした感想だけなので「ネタバレ」要素はほとんどありません。
それでも、情報を知りたくない方はそっとブラウザのタブを閉じてください。

公開前から公式サイトなどで情報を収集していたのだが、実際に観てみると凡人には想像もできない内容だった。

公式サイトでも確認できるが、本作のテーマ「ミッション(時間)から脱出せよ」が重要ポイント!

まず、タイムライン(時系列)の把握がとてもムズカシイ…。

初見でなんの情報も無しで、ストーリーを全部把握できる人はいないのではないだろうか。。さすがノーラン監督!

※超絶理系タイプの方はおいときます。

だからと言って、初めて観る場合、公式以外からの情報を遮断して、観てほしい。

その理由は、自分で考察しながら観てほしいからだ。

映像美に目を奪われ、字幕を見逃してしまうこともあるので気をつけよう。

本作は詳しい状況説明が少ない。少ない情報でストーリーを知るには映像、セリフをドライアイになるほど注視して頂きたい。※ただし健康上の補償はできないので自己責任で。

完全に「もう一度観る」前提で製作されている作品。初見では自分なりの推測で楽しみ、二度目では初見では分からなかった情報(ネタバレ)を確認した上で楽しむ。

もう何度でも楽しめる作品だ!(おふくろ、もう一杯!)

これから観る読者に教えたい鑑賞ポイントをお伝えしよう。

①時間の流れを理解する(時間の順行、逆行)

②登場人物の人間関係や設定の把握。

③物語におけるタイムライン(時系列)を把握。

とは書いたものの、筆者は公式以外の情報を遮断し、頭をカラッポにして観たので、余裕があればくらいでいいと思っている。

タイムトラベルやパラレルワールド系の映画をたくさん観てきたが『TENET』は別格だ。

最後に、ニール役を演じる「ロバート・パティンソン」がいい感じの渋い男に。

映画『TENET テネット』オフィシャルサイト|大ヒット上映中
映画『TENET テネット』大ヒット上映中!クリストファー・ノーラン 監督が仕掛ける、究極の映像体験×タイムサスペンス超大作!

コメント