クラウドゲーム時代到来!アマゾン「Luna」のアーリーアクセスを開始。

ゲーム
©Amazon.com, Inc.

Amazonが10月20日より、クラウドゲームサービス「Luna」の先行アクセスを招待したユーザーを対象に開始しました。

先行アクセスを勝ち取った人おめでとう!(米国の皆様)

月額5.99ドル(約630円)の「LunaPlus」というゲームチャンネルに登録することで、50種類のゲームをプレイ可能だとか!

対応デバイスは、「Fire TV」「PC」「Mac」または、「iPhone」と「iPad」向けウェブアプリを通じて利用できる。「Android」にも近く提供予定。

近年話題になっている『クラウドゲーム』ですが、知らない方にざっくり紹介。

従来の様なコンシューマー機(家庭用ゲーム機)では、ゲーム機本体と、対応するゲームソフトやコントローラー、周辺機器があってやっとゲームがプレイが出来ますよね。

クラウドゲームの場合は、ネット環境とパソコン、スマホ、タブレット、テレビと、対応コントローラーさえあればゲームが出来てしまうのです!

クラウド型なので、家ではテレビやタブレットで、外出時には、スマホでゲームが出来てしまう素晴らしいサービスなのだ。

料金形態はサブスク方式。月額いくらという形で、気軽に始められるし、辞められる。

今回はアマゾンのクラウドゲーム「Luna」を取り上げましたが、実は他の企業も続々とクラウドゲーム業界に参戦しています。

PlayStation Now(プレイステーションナウ)

既にサービスを開始しているので知っている方も多いと思いますが、対応機器は、PS4、Windows PCと少ないですが、PlayStationのプラットフォームをベースにしているので、ゲームのラインナップは多いのが特徴。

料金形態は、7日間体験が、100円。1ヶ月1,180円。3ヶ月2,980円。12ヶ月6,980円。

PlayStation Now | 対応タイトル
PlayStation Nowに対応しているゲームソフトをご紹介しているPlayStationオフィシャルサイトです。

STADIA(Google)

Googleが運営するクラウドゲームサービスSTADIA(スタディア)
日本でのサービス開始は、まだ発表されていません。対応機器は、Google Chrome(スマートフォン、タブレット、パソコン)、Chromecast。

料金形態は、月額9.99ドル(期間限定で無料体験あり)

Stadia - Play for Free across your favorite devices
Get instant access to Stadia and a collection of games with a Stadia Pro free trial now.

GeForce NOW Powered by SoftBank

NVIDIAのクラウドゲームサービスで、日本ではSoftBankとKDDIが提供。

ゲームは月額とは別に購入する必要がありますが、SteamやEpic gameストア等の購入したもので遊べます。対応機器は、android、パソコン(Windows、Mac)

料金形態は、1,800円(期間限定で無料体験あり)

全キャリア対応のクラウドゲームサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」
【31日間無料!】全キャリア対応のソフトバンクが提供するクラウドゲームサービス「GeForce NOW」。デバイスの種類を問わずに、高性能を要求するPCゲームがいつでもどこでも楽しめる。

xCloud

Microsoft社が運営・提供するクラウドゲームサービス。

日本では、2021年前半頃サービス開始予定。対応機器は、android、Windows PCなど。

現時点での料金は不明です。

個人的に気になるのは、アマゾンの「Luna」と、グーグルの「STADIA」

まだまだ始まったばかりのクラウドゲームサービス市場ですが、今後は5Gの普及などにより競争が激化するかと。。

だからといって、まだまだローカルゲームが無くなることはしばらく無いでしょう!

Amazon Luna – Cloud Gaming Service
Introducing Luna, Amazon’s cloud gaming service where it’s easy to play great games on devices you already own. No waiting for lengthy downloads—just play.

コメント